いろいろ
Whitney Houstonが亡くなった。
48歳だなんて、まだまだこれからなのに・・・。
ここ数年は、彼女の苦しい表情しか思い浮かばないのだけど、
復帰したことで、新しいステップになるかと思ったら、
こんなことになって・・・。
明日のグラミーは、ジェニファー・ハドソンが
「I Will Always Love You」を歌うとか・・・・。
彼女にとって、ボビー・ブラウンとの出会いは何だったのだろうか・・・
そんなことを考えてしまう。
今は安らかに眠ってほしい。

人が召されていく時は、
その人の思いが宿題として、残された人に出されていくような気がする。
昨年12月叔父が亡くなった。後年はいろいろあって、
連絡を取っていなかったが、私の誕生日に亡くなった。
初めてのLondon行きの費用は、叔父のラーメン屋さんでバイトをさせてもらい、
そのお金を費用の一部にあてた。
餃子焼いたり、かつ丼作ったり・・・。
ニラレバ用のレバーを洗うのはちょっと気持ち悪かったけど。
これから自分の誕生日が来るたびに、叔父を思うことになる。
それも何かの宿題なのだろうか。。。?

生きているといろいろなことがあって、
自分の経験だけでは、解決したり、乗り越えたりすることが
困難だったりすることがある。
ただただ、今恵まれた出会いの中で、
感謝の気持ちを忘れないことが大切なのだと実感する。
夢に向かっていくことは大切。でも、それは心構えしだいでは、
エゴにとって代わってしまう。
夢が叶うときは、支えてくれた人たちがすべて幸せな気持ちであるときだ。
先日音楽業界のキャリアある友人が、成功に向かって歩むスタートに、
不協和音がおこっては、絶対に成功には向かえないと言っていた。
成功はみんなが喜びに溢れている状態だからこそ成功だと。
成功の価値観の違いはあるかもしれないけれど。。。

こんな言葉がFBにシェアされていた。

一、つらい事が多いのは、感謝の心が足りないから
二、苦しい事が多いのは、甘えがあるから
三、悲しい事が多いのは、自分中心の心が多いから
四、心配する事が多いのは、今を懸命に生きようとする心が足りないから
五、行き詰まりが多いのは、自分の心が裸になれないから

うんうん。。。。。、
ちょっと反省!

今、とっても近い人が、懸命に生きようと、病魔と闘っている。
毎日が祈る気持ちだ。
彼女はホイットニーと同世代。
みんなで奇跡を信じている。

自分の今置かれた環境を見直し、
1日1日を大切に生きよう。

今日は春謡漁介脚本の「RE:FT」の千秋楽を観た。
「四方八方」の舞台。
死後49日までの世界をウイットに富んだストーリーで表現されていた。
こんな1日の終わりは、笑いに包まれ救われた。







iTunes Ping Keiko Imaizumi
Reflex Music
FM Yokohama「Radio HITS Radio」
Twitter
by reflexmusic | 2012-02-13 00:56 | プライベート
<< Bryan Adams 来日ラッシュ >>